2012年09月30日

こいのうた

BIG ROLL BAND観てきました

最近
イエモンづいてた影響もあって
ロケンローなテンションで
楽しめましたワイ

あー
ライブ演りたい

これエエ歌ですな


posted by 104 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

STAY FREE

長岡京フォークラインに行ってきました

先週2nd LINEのチラシ見てなかったら
完璧スルーしてたとこなんやけど

拝郷メイコさんに
竹原ピストルさん

この2人観れただけでも
アタシャもう満足w

拝郷サンはね
5年前に[ma]の付き添いで
一緒に手拍子しながら「メロディー」聴いた覚えがあり
そん時以来ぶりだったんですが
変わらず凛とした声と旋律で
ゆるやかに周りの空気を自分の色に染めてく様が
やっぱり素敵なシンガーでしたわ

来月
関西でワンマンされるとかで
ちょっと観たいかも

竹原さんは
ずっとどっかで観たいなと思いながら今まできつつ
始まる前にドッと増えた人だかりの数が
注目度の高さを窺わせる中
野太い体躯と声で
畳み掛けられ続ける詞の数々に
終始打ち抜かれっぱなしでした

“強いて一つだけルールを設けるとしたならば、
 それはやっぱり、自由でなくちゃいけないっていうルールさ”

今日ひときわ
グサッときたワンフレーズ

俺的には冬樹さんの面影がシンクロしつつ
本物の詩人のステージは
目を離さずにはおれんな
やっぱ

カッコよかったわぁ

あと
この齢になってもフェスってあんまし
馴染みなかったものの
マイナスイオンに包まれながら
アルコールと美味しい食べ物片手に
のんびり歩いた先に
思い思いの歌と声が響く空間は
かんなり
心地よかったです

是非是非
また足はこびたいですな

良いイベントでした

して
長岡京って降りることもあんまし
ない土地なので
やっぱり
すすってもきました

■長岡京・風来房

駅からやとそれなりに歩きつつ
着いたら行列という事態に遭遇もしつつ
1時間ちかく並んで
白虎 (つけ坦坦面)を注文

DSC_0059.jpg

シコシコ細麺に
ゴマダレがマイルドにカラミ
辛味も気にせず
ズズッと一気に
食べきってしまいました

ウマかったー
posted by 104 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

今日はJET休みだった

今日もタブチ観に
2nd LINEへ

今んとこ皆勤だなw

10年前は
よー通ってたなぁと思いつつ

ライブはと言えば
自然体な感じが伝わって
だいぶよかったね
今日のタブチさん

音源も早速きいたけど
思いのほかラウドで
ちょいビビッた・笑

うん
エエ感じじゃね?^^

Tabuchiのブログ

次も
楽しみにしてまっせ〜★

今日は他にも
最初に出てた人が「糸」歌ってくれたり
屋根の上のルーニーさんも
演奏ウマいし
ノリも良いし
どれも気持ち良く観れましたわ



して
福島と言えば
すすわずにはおれんエリアなので
やっぱり一杯

■福島・紋次郎

かねがねすすりたいと思いつつ
案外くるの初だったんですが
思いのほか奥まったポジションだったので
かるく道に迷いつつw

評判どおり
麺が激ウマ

どっしりコシがあって
たいへん食べ応え
ありんした

DSC_0054.jpg
posted by 104 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

今を生きる

DSC_0032.jpg

RAMARを観てきました

18歳の頃
HYPERM∀NIAが大好きでして
「青春の断片」とか
こんな歌詞
よく描きはるなぁと
打ち震えながら聴いてました

当時の自分にとって
フォークソングと言えば
ゆずより19より
酒井悠介でしたな

気づけば17年

今回の活動停止の報を聞いて
観とかんとイカンなと
心動く自分がいました

ライブのしょっぱなから「ヒマワリ」だったもんだから
一気に色々
込み上げてきましたわ

「虹の向こうへ」は聴けなかったものの
17年越しに聴く悠介氏の生声は
アノ頃きいてた声と同じく
どこまでも力強く
突き抜けていました

観れてよかった

今日はこの曲を
エンドレスリピートします


posted by 104 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

Motown Junk

今日もタブチ観に
Fireloopへ

前回より
音に勢いがあって良かったね

Zサンありがとん★

終演後ケンディーと
モータウンについて色々
ダベったんですが

ワシ的にモータウンと言えば
コレでしょうか



名前半分やけどなw

来月の2nd Lineも
楽しみにしてまっせ
posted by 104 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

涙が溢れる

清春氏のステージを観てきました

いやぁ
流石の雰囲気と貫禄の
ステージでしたわ

40代には見えない繊細な体躯が象る
ステージングの仕草やシルエットが
いちいちキマッテルとこも
魅力的だったんですが

やはりアノ独特の
クセのある
クリーンでパワフルな声が
ナマだと一層
響いてきましたな

初めて知ったの
「亡骸を。。。」リリース前のバンやろ読んだ頃やから
かれこれ
20年近くの歳月を経ましたでしょうか

特に後期黒夢や
初期SADSの頃の雰囲気が好きで
継続して聴いてはいたんですが

自分の中でのこの人の存在感って
孤立しても
やることやって
やりたい放題やってる歩き方に
なんかこう
魅かれるとこがありまして

なんか
アルバムの製作が遅れてるお陰で
秋に予定していたツアーを
ほぼ全て
年明けに延期するとか

それもまた
スゲーなと思いつつ
変わらずやりたい放題
やってる感じで良いなと

ソロだしメロウなムードが多いんかなと思いきや
思ってた以上にロックなノリ中心で
聴けたら良いなと思ってた
confusion演奏されたり
時間も3時間以上と
お腹いっぱい
楽しめましたわ

機会があれば
次もまた是非どっかで

今回聴けなかったけど
いっちゃん好きな曲↓


posted by 104 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

心の箱

やっぱりエンドレスで聴いてる
LBOの新作

心の箱 / LAID BACK OCEAN (CD - 2012)

前作は練りこまれた緻密さが
印象的だったのに対し
今作はリズムが熱く
ヤフミ氏の声も
一層ハリがあって
良い

確かに「忘れる力」は
キラーチューンな感じ

しかしこの
躍動感ある鍵盤と
疾走感と歌心には
NMAを思い出さずには
いられない



ライブも楽しみだ
posted by 104 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

You And Me

DSCF1766.JPG

先日
心友の披露宴に行ってまいりました

音とぬくもりに溢れた
彼らしい空間で
気持ち良い時間でした

去年も似たようなこと
書いたと思うけど

新郎の彼と初めて会った時
彼が眼の前で披露してくれた
BeatlesのDon't let me downは
俺ん中で
彼の持ち歌となりました

そんくらいの
インパクトと
存在感を
今も変わらず
備えた唄い人



折角なので
最近できた
Brother&Sisterともども
1曲披露させて
いただきました

まぁ去年
新郎と一緒に
奏でた曲なんやけどね

画がないので
せめて本家のPV↓



確実に俺ん中で
不動のレパートリーに成りつつあるなコレw

この日も
彼を慕う音楽仲間が
たくさん訪れて
夜な夜な
新郎リサイタルが
繰り広げられていた模様

こういう時間を過ごすと
披露宴て良いなぁと
やはり思ってしまいます

DSCF1806.JPG

おめでとちゃん★
posted by 104 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

チャレンジャー

昨晩は某・感謝祭にお呼ばれして
花火を観てまいりました

夕暮れの心地よい風の中で
美味しい食事にビールをいただきながら
花火を眺めると
なんとも夏を
感じられました

して
5年ぶりくらいに
山下潤也との再会
空白を埋めるかの如く
色々しゃべった

彼の歌を聴いたのも
5年ぶりくらいやったけど
満月をバックに響くこの歌の
ストレートな感じが
すげぇ良かった



深夜にはリニモ氏も合流して
昔話やら
今の話やら
久方ぶりに
朝まで語らいました

なんだかんだで
あの頃があったから
今の自分がいて
この繋がりがある

うん
良い時間でしたね

絵美ちゃんありがとう★
posted by 104 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

Death star

昨晩はvezを観に
Club Vijonへ

好きな人には
面子だけでも酔えるけど

実際
厚くて熱い音で
終始
ドキドキしっぱなしの時間でした

フトシさんは言わずもがな
ASAKIさんもYANAさんも
皆さん
カッコよかったのは当然なんやけど

個人的に最近
またCRAZE聴き直したりと
タイムリーだったのも込みで
成一さんのインパクトが
今回ひとしおでした

6年ぶりくらいに観たけど
年齢を重ねても見映えのするルックスは変わらず
鋭く図太いトーンで
音の間隙を縫いつつ
積極的に攻め込む姿が
頼もしいミッドフィルダーな印象すら抱きました

決して明るい曲が
多いわけではないけれども
サウンドの固まり具合と
活き活きしてる雰囲気が
バンド自体
良い状態にあるんだなと
伝わってくるものがありました

やはりコノ曲好き



まだまだ
進化していく予感十分なので
楽しみです
posted by 104 at 11:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

Fireloop

暑いでんなぁ
まったく

さて本日は
Yさんと
Zさんと
ケンディー観に
Fireloopへ

いたく久しぶりだったので
今や別店舗のドア開けちゃったりしつつ

対バンで出演されてた
NOHOZさん
カッコよかったわぁ
危うくファンに
なるとこやったわ



よもや10数年前
ロクfに毎月のように掲載されてた
スイマセン滝氏を観る日が来ようとは
ねぇ

して
本日のお目当て
Tabuchiはと言えば

ケンディーの裏声と
Zさんのギャグに
驚きと新鮮味を覚えつつ

3人そろって
BANANA MOONの曲演奏する姿に
懐かさとかも
感じちゃって

良い時間でした
posted by 104 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

Natural Colors

今年も
折り返しに入ったみたいですな

ジメジメした気候が続いてるので
あまり実感
わきませんが

これ過ぎたら
夏なんでしょな
きっと

して
いつのまにかリリースされてた
Priscilla Ahnの新作ゲット

ナチュラル・カラーズ / プリシラ・アーン (CD - 2012)

邦楽カヴァーアルバムですが
どの曲のメロディーも彼女の声とマッチしてて
優しい雰囲気ともども
実に心地よく聴ける作品ですわ

今月
ライブもあるみたいで
うーん観たい
posted by 104 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

PARADE

どうも
気づけば早
2ヶ月ぶりの日記となってしまいました
いかんいかん

というわけで
こちらは
変わりなく
過ごしております

さて本日は
B-T&氣志團@なんばHATCH
いってきましたぜ

はじめて観た氣志團は
バブルガムブラザーズやら哀川翔のモノマネやら
全力ですべりにかかるネタを
随所にちりばめつつ
本当に細かい所まで練られたステージングと
B-Tへのリスペクトにあふれた
充実のパフォーマンスでしたわ

いやぁ
面白かった

して
10年ぶりに観るB-Tは

眉毛なくてもフェロモン全開の
アッチャンの美貌といい
今日も総立ちだった
アニィの髪の毛といい

ビンテージの似合う年齢に達しても
男の色気や貫禄がビンビン伝わる
素晴らしい
本当にカッコイイステージでした

途中
「殺シノ調ベ」を聴き倒してたのも
丁度20年前になるのかと思いつつ

この日のセットリストは
2000年代にはいってからのレパートリー中心だったので
自分の思い出的に
骨の髄まで染みこんでいた曲は少なかったものの
終始気持ち良くノレたのは
ひとえに楽曲の良さと普遍性
および不変性が
成せる業なんでしょな

来月リリース予定のトリビュート盤も
聴くのが楽しみだ

DSC_0002.jpg
posted by 104 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

blackstar ep

昨年
縁あって仲良くなった
"blackstar"の初音源が
先日いよいよ
リリースされました

俺も耳にしましたが
アンビエント感満載の音像と
ハイクラスな仕上がりに
思わず失禁
しそうになりました

映像を喚起する音世界に
気持ちよく
浸れます

モグワイやらシガーロスやら
好きな諸兄には殊更
訴える音やないかな

興味わいたら
是非ココ
聴いてみてください

郷ちゃん&宮もっちゃんへ
すげえな!マジでエエ思うぞ^^
posted by 104 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

こんな僕らが戦うべきもの

------------------------

こんな僕らが 戦うべきものは
踏みにじる 誰かの否定的な言葉なんかじゃなく
いかにまっすぐ
つねにまっすぐ行けるかだ

いろんな出来事が 僕らのことを襲った
それでもまだ まだときめいているのは
まだね
見えてない道の足りない色を

------------------------

LAID BACK OCEAN@CLUB DROP
観に行ってきました

また一つ
元気と勇気を
貰えたライブでした

やっぱ
「揺れる」と
「こんな僕らが戦うべきもの」は
とりわけ
グッときますな

それと
本編最後の新曲
静と動のコントラストや
珍しいサビのシンガロング
胸打つ詞づかいが
早くも名曲の匂い
プンプンしてます

ライブのセットリスト的には
11月から大きくは変わっていなかったので
それも込みで
強い存在感はなってたね

気が早いですが
次の音源にも
期待が膨らんでます
posted by 104 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

Fall silent

まぁ薄々
あぁきっと
一緒に演るんじゃないの?と
だいぶ以前から
心構えてはおりましたが

いざ発表されると
やはりこう
昂らずにはおれん
自分がいたのが
正直なところで

てな感じで
十二分の期待を込めてオーダーした
vezのシングルが届きました

DSCF1017.JPG

激アツです

とことんタイトに迫るドラム
隙間隙間で力強く唸るベース
実に多様なアプローチで曲を彩るギター
時に激しく吠え
時に哀しく咽ぶボーカル

好きで聴いていたアーティストばかりの集合体なので
画的にも申し分ないんですが

音の絡みも
抜群ですな

Fall silentとCold lieの炸裂しまくり具合に
興奮を禁じえず
唯一聞き覚えのあったFairy Taleも
水彩画でも眺めてるかのような
色彩豊かな音像が
もはや過去の記憶とは
別物の様相を呈しています

もっともっと
他の曲も聴きたい期待が
やみません
posted by 104 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

Ring of Red

いやいやいや
すっかり放置
してまいました

御無沙汰してますが
変わらず生きてます

teentrashは
ゆったり新しい曲
つめたりしつつ

わしはといえば先日
マラソン大会@交野市に参加してきました

DSCF1010.JPG

出走前のわし

なみいる背番号53番をかきわけながら
交野の街中を
駆け抜けてまいりました

勿論まわりは皆
しらない者同士なんやけど
どっち向いても
それぞれ思い思いに
頑張って踏ん張って
歩を進めてる中で走る時間は

孤独なんやけど
1人じゃないと言うか

苦しいながらも
気持ちの良い一時でした

DSCF1011.JPG

完走証とわし

こちらも
ゆっくり着実に
続けていこかと思ってます
posted by 104 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

Bifrost

Bifrost (初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / LAID BACK OCEAN (CD - 2012)

発売日ということで
即ゲッツ

こうも
聴くのが楽しみな存在は
かつてのCRAZE以来やなかろうか
とも思ってしまう

前作以上に
緻密に編みこまれつつ
躍動的な音像

身近でいて
多彩なニュアンスの盛り込まれた詞

安心して
身を委ねたくなる音と声

DVDでは思わず
両手を挙げてもうたしな俺

読めてたけど
やはり
ヘビロテ確定w
posted by 104 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

新年初すすり【親富考・温つけ麺】

あけました!

おめでとうございます!

今年もヨロシク★

つーことで
早速すすってきましたw


■上新庄・親富考

新年早々
お腹の調子がよろしくないんですが

何の因果か
いつのまにやら
R60麺のつけ麺がラインナップされてたので
温つけ麺をオーダー

DVC00085.JPG

柔らかくも
噛み応えある麺に
塩ベースのタレで
なんともお腹にやさしいお味でした

今年もすすりますw
posted by 104 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

2011

2011年も
じき終わります

今年は
アルバムにワンマンと

10年というのも
一つの過程とはいえ

特別な思いを抱いて
臨むことができました

くわえて
出会いや再会にも恵まれたりと
実りある年でした

関わってくれた皆さま
本当にどうも
ありがとうございました

過ごした過去が
今につながってくれたように

できることを
できるかぎり

もらえた縁を
手放さないように

未来につながる今を
生きれますように

ではでは皆さま
良いお年を

来年も
ヨロシク★
posted by 104 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。